ニキビの原因その3. 洗い方

せなかニキビ

 

背中を洗うとき、皆さんはどのようにしていますか?

 

ニキビが気になっている方はもしかしたら潰してしまうのが怖くて、
恐る恐る洗っているかもしれません。

 

そして、その洗い方ではあまり汚れが落ちず肌によくない、
さらにニキビが悪化してしまうのでは・・・と不安に思ってはいませんか?

 

でもですね。

 

実は、その洗い方は大正解なのです。

 

というのも、
「患部を清潔に保つ」という言葉を勘違いして受け取ってしまい、
ニキビがあるにも関わらず、
ゴシゴシとこすり洗いをしてしまう方が時々見受けられます。

 

絶対にこの行為はNG!

 

まだ前の状態の肌を取り戻せるチャンスを
みすみす潰してしまうことになります。

 

顔にできたニキビを触って潰すと
「跡」になってしまうという原理と同様ですので、
強い刺激を与えるのはやめましょう。

 

さらに必要な皮脂まで奪ってしまい皮膚が乾燥してしまう、
まだ剥がれ落ちるべきでない角質までも取り除いてしまう、
その結果乾燥が原因のニキビが新たにあらわれてしまうのです。

 

既にニキビが出来てしまっているならば特に注意しながら、
やさしく洗うよう心がけて下さいね。

 

そして、
背中を洗う際の重要なポイントが
「きちんと泡立てる」という行動です。

 

泡立てず、
原液そのままの洗浄成分を肌につけるのはやめましょう。

 

なぜならば、
泡立てることで洗浄能力がアップするので
汚れがきちんと落ちるだけでなく、
原液そのままだと刺激が強すぎてしまい
必要な分の皮脂や細菌をも洗浄してしまうからです。

 

泡立てるのが面倒だという方は、
簡単に泡立てられる専用ネットが
ドラッグストアやホームセンターで安く売っているので、
ぜひ使って下さい。

 

ニキビに非常に効果的だと、
今、評判になっている人気の石けんをご紹介しておきますね。
無添加処方の泥洗顔