ニキビ跡を薄くするためには、身体の内側からも!

背中ニキビ跡

 

さて、先程はニキビ跡を薄くする外からの働きかけを紹介しましたが、
次は”体の内側から”がテーマとなります。

 

もちろん”背中ニキビを治す方法”でも挙げてきた、
バランスのとれた食生活、適度な睡眠時間の確保、
ストレスを溜めないよう心がけるという
3原則の遵守はニキビ跡にも効果的なので必須です。

 

さらにプラスαで知っておくと良いポイントを、下記にてお教えします。

 

ニキビ跡のタイプには大きく分けると2種類あり、
それぞれに良い栄養素があります。

 

凸凹はないけれどシミのようなものが残っている「色素沈着タイプ」と
凸凹がある「クレータータイプ」です。

 

前者に良いのは「ビタミンC」、後者に良いのは「コラーゲン」です。

 

実際にどのような食材に含まれているのか見てみましょう。

 

●色素沈着タイプには「ビタミンC」
  オレンジ・みかん・グレープフルーツ等の柑橘類、イチゴ、ジャガイモ、
  ピーマン、ゴーヤ、キウイフルーツ、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草など

 

ビタミンCは水溶性なので、
余分に摂取してしまっても体の外に排出される性質があり、
心配する必要はありません。

 

●クレータータイプには「コラーゲン」
  うなぎ、アンコウ、フカヒレ、鮭(特に皮部分)、ムツ、エビ、豚足、
  スペアリブ、鶏皮、手羽先、鶏軟骨、牛すじなど

 

なかなか日常的に摂取しにくい食材がずらりと並んでいますね。
外で食べれば値段もはりますし、
自分で作るにもどう調理したらよいかと悩んでしまいそうです。

 

食材からの摂取が難しければ、
サプリメントが豊富に出回っているので効率よく取り入れましょう。

 

人気のニキビ対策用サプリメントのページでどうぞ。