ニキビの原因その2.ストレス

せなかニキビ

 

今や万病の元と言われるストレス。
実は、背中のニキビも
例外ではないのです。

 

事実、医者に診てもらった時にも
「ストレスも大きく関わってくるので、
溜めないようにある程度解消していかないと。」

 

とアドバイスを受けました。

 

 

確かに肌の状態には精神状況が反映しやすく、
ストレスが溜まっていると
自覚しているときにはメイクののりが悪かったりしますよね。

 

ではなぜストレスがニキビを生み出してしまうのでしょうか?

 

ストレスは自律神経の働きに大きく作用します。
交感神経と副交感神経の働きがそれぞれあるのですが、
精神的な負荷がかかると交感神経が刺激を受け過活動になります。

 

交感神経は、体を緊張状態にし、不安定にしてしまいます。
そしてホルモンの分泌が多くなり、皮脂量も増大します。

 

最終的にはニキビの温床ができあがってしまうのです。

 

このような状態が続くと、
ニキビという大敵に加えて皮膚のターンオーバーもうまくいかなくなり、
年齢に関係なく肌の状態が悪化してきます。

 

とは言え、

 

この現代社会で生きている一員として、ストレスゼロ状態にしろ、
というのは土台無理な話だというのは十分承知です。

 

また、逆に、
「ストレス」というものは多少あったほうが良いともいいますね。

 

要は、ストレスと上手に付き合っていく。という気持ちを忘れずに、
自分ならではの解消法を見つける。
ということが大事になってくるということでしょう。

 

背中のニキビだけではもちろんそれだけではなく、
今後の人生をも豊かにしてくれるかもしれません。

 

もっとも、睡眠・栄養・精神衛生をしっかり正常に確保し、
健康的な生活をおくる。という原則も絶対に必要なことでしょうが・・・・。