黒ニキビ、あきらめるのはまだ早い!

せなかニキビ

 

黒ニキビは、白ニキビから
少し進んでしまった状態を指します。

 

コレは、慢性化しないように
注意しないといけません。

 

このあたりで、うまくケアすれば、
まだ、大丈夫!

 

しかし・・・・・。

 

 

先ほども出てきたコメドですが、
そのコメドが毛穴に常在化することで、毛穴が完全に開ききってしまいます。

 

そのためコメドの先端が空気に触れ酸化し、
黒く見えるので”黒ニキビ”と呼ばれるのです。

 

 

私は思春期の頃から黒ニキビには悩まされており、今も解消されていません。

 

顔の中心、鼻の頭や脇にできてしまっており、慢性化しています。
時々毛穴パックで除去していますが、あまり状況は変わりません。

 

昔は、よく無理やり手や器具で押しつぶしてコメドを取っていたため、
それが原因で毛穴が完全に開ききってしまっていて、
年齢肌が気になる今では当時の行動を後悔しています。

 

 

後悔先に立たず、の典型的な例ですね。

 

大人になったらキレイな鼻になれると信じていましたが、
残念ながらこの黒ニキビ鼻で生きていくしかありません・・・。

 

ですが、背中の場合にはあまりよく見えない上に手が届かないので、
自分でどうこうできません。

 

それはとても良いことなので、
無理やり手で触れてみたり、潰したりは絶対にしないようにしましょう。

 

 

そしてこの黒ニキビの段階だと、
皮膚のターンオーバーが正常であれば、嘆くことはありません。

 

健康状態が保たれている肌の場合、
コメドも生まれ変わりのサイクルによって剥がれ落ち、
多少の痛みを伴う炎症をも起こさずに済みます。

 

 

白ニキビ同様、
その時の自分に合ったケアをして、規則正しい生活に戻しましょう。