せなかニキビを治すために 悪影響を及ぼすアイテムは使うのはやめましょう!

せなかニキビ

 

 

背中ニキビに
悪い影響を与える可能性のある
アイテムを日常的に使用している方は、
できることならば使うのをやめ、
違うアイテムに切り替えていった方が
肌への負担が軽減されます。

 

 

 

例えば、入浴時に身体を洗うとき、あなたは何をつかっていますか?

 

「ナイロンタオル」や「スポンジ」は繊維が固く、
ニキビ肌には向いていません。

 

「ボディーブラシ」もなかなかの刺激を与え得るアイテムです。
『たわし』なんてもってのほかです!

 

ゴシゴシ力を入れれば肌が清潔になるなんて
誤った考えは早く捨て去りましょう。
肌に優しい素材、
綿や絹、麻を使ったタオル、スポンジがオススメです。

 

次に、身体を洗う際の
「石けん」や「ボディーソープ」にも注意が必要です。

 

強力な殺菌作用のあるものや、
刺激が強いものは肌を傷める原因となります。
肌と同じ弱酸性タイプを選ぶとよいでしょう。

 

界面活性剤にアレルギーをお持ちの方は、
石油系の素材を使っておらず、
天然成分で作られている石けん類を使いましょう。

 

それから、
背中ニキビに負担とならない
寝具や衣服の素材で最も安全性が高いのは
オーガニックコットンやアレルゲンテスト済みのものです。

 

ただしそれを合成洗剤で洗っては意味がなくなってしまうので、
洗濯洗剤も肌に刺激を与えないタイプにしましょう。

 

「柔軟剤」は香りが良く多くの種類が出ていますが、
極力使わないほうがよいでしょう。

 

また盲点なのが、
「防虫剤」で基本的には
毒性は低く人体に影響はないのですが、
長い間直接衣服に付着した状態はよくありません。

 

なので、他の布で巻き、
直に触れないようにしておきましょうね。