ニキビの原因その4. 食生活

せなかニキビ

 

ハンバーガー・フライドチキン・ドーナッツ・コンビニ弁当
カップラーメン・レトルトカレー・お菓子・アイス

 

そんなものばっかり年中、食べていませんか?

 

普段食べているものは、私たちの体内・体外全ての状態に繋がってきます。

 

背中のニキビももちろん例外ではありません。

 

偏った食生活が
ニキビを作り出してしまっている可能性も大いに考えられるのです。

 

肌に悪影響な食べ方・食べ物について挙げてゆくので、
一度自分の食生活を振り返ってみて、
当てはまるかどうかチェックしてみて下さい。

 

●外食が多い(1日2食以上 コンビニ食も含む)」
 外食が多いということは
 高カロリーになりがちでかつ脂質が多い食事を摂っているはずです。
 また、どうしても野菜が不足しがちになるので
 バランスが悪く偏った食事となってしまいます。

 

●肉食である
 適度な量なら全く問題ないのですが、
 脂の多い肉類をたくさん食べると必然的に皮脂量が多くなります。
 特に肉の揚げ物は量に注意です。
 度を超してしまうと、ニキビの原因となり得ますのでご注意を。

 

●甘いものやスナック菓子を週4回以上食べる
 特にバターやショートニングなどをふんだんに使っている
 洋菓子の食べ過ぎはニキビに直結する可能性があります。
 スナック菓子は言うまでもなく、
 油分が多いのでニキビの大敵であることは言うまでもありません。

 

●野菜やフルーツを摂取していない
 健康な肌を作るビタミンや食物繊維が不足しています。

 

●水分をあまり摂取していない
 水分を摂らずにいると新陳代謝が悪くなり、
 皮膚も乾燥しやすくなってしまいます。
 乾燥にきびの原因になります。

 

●食べてからすぐ寝てしまう
 血がドロドロになりやすく、体が酸化し肌にも悪影響となります。

 

該当する項目が多い方は、徐々にでもよいので改善していきましょう!