ニキビの原因その5. アレルギー

せなかニキビ

 

背中にニキビができる原因として挙げられるうちのひとつに、アレルギーがあります。

 

一説によると、人間の毛穴の中の常在菌アクネ菌が元となってアレルギー反応が起き、
ニキビにつながっているのではないかという分析があります。

 

アクネ菌は皮脂が大好物で、これを栄養分としています。
そのため、体内へ摂取すれば排出物が出るのはアクネ菌も同じで、
この排出物がアレルギー症状を引き起こす一因となるようなのです。

 

アレルギーによって炎症を起こした皮膚は赤く腫れ上がることが多く、
そういったタイプのニキビをお持ちの方は、
アクネ菌の活性化が原因の可能性があるので
増殖させないよう注意しなくてはなりません。

 

皮膚を生活に保ち、できるだけ清潔な衣服を身につけましょう。

 

またアクネ菌の他にも、バクテリアの繁殖によって肌が刺激され、
さまざまな感染症を引き起こしてしまうことがあります。

 

この場合は素人ではどうにもならないので、
一度皮膚科医に診察してもらうのが良いでしょう。

 

他にも、
背中ニキビの改善に
よかれと思って使った化粧品に含まれている特定の成分や、
皮膚科医から処方してもらった外用薬でも身体に合わず、
アレルギー反応が起こるケースもあります。

 

そうなってしまうと逆に悪化の一途をたどってしまうので、
これを防ぐためにも自分がアレルギー体質である
という自覚がある方は医師・薬剤師には必ず話して下さい。

 

そして可能ならば、
背中ニキビのない部分で
パッチテストをしてから使用された方が良いでしょう。