ニキビはなぜできるの? そのメカニズムとは

せなかニキビ

 

ニキビは、毛穴が皮脂や汚れで詰まってしまい始まる、ということはわかりましたね。

 

ではなぜ、毛穴がそのような状態になるとニキビが生じてしまうのでしょうか?

 

それには「アクネ菌」という細菌が大きく関わっています。
アクネ菌という言葉は、皆さんご存知でしょう。よく聞きますよね。

 

そのアクネ菌は、常在菌の1種で、通常は肌の酸性度を正常に保ち、
健やかな肌のために他の病原菌や有害な物質の進入を抑えてくれている、
必要不可欠な細菌です。

 

なので、全くいなくなるとそれも困るのですが、
増殖しすぎるとニキビの原因となってしまうのです。

 

 

ニキビのできやすさに関わらず、人間なら誰もがこのアクネ菌を持っています。

 

そして、なぜアクネ菌が毛穴に住みつくのかというと・・・

 

彼らは皮脂が大好きなのです。

 

酸素が大嫌いなので、
皮脂でふさがってしまった毛穴は大好物ということになりますよね。

 

 

毛穴にこもったアクネ菌は、皮脂を分解し、脂肪酸を作り出します。
この成分が
ニキビの特徴でもある赤みに多大な影響を与えていると言われています。

 

また、彼らが分泌する物質「ポルフィリン」が、
紫外線にあたると多くの活性酸素を作り出し、ニキビの炎症を進ませるだけでなく、
皮膚細胞を破壊する働きをすると徐々に明らかになってきています。

 

と、上記のようにアクネ菌に好き勝手にされないためには、
毛穴を必要以上に皮脂や汚れ、古い角質などで詰まらせないことが大切です。

 

また、背中は比較的アクネ菌の絶対数が少ないため、
もしニキビができてしまっても治りやすいと言われている箇所です。

 

あなたの背中のニキビも、気を落とさずに、地道な努力を積み重ねましょう。